様々な温泉のタイプをたのしむために

U07
U07
日本には各地に温泉があるため、ちょっとしたリラックスな時間を満喫するために日帰り温泉を楽しむ事もできます。非常に効能が高い温泉が話題になったりするなど、同じ源泉であったとしても温泉の場所によりその効能はかなり変わってくる事があります。

温泉を選ぶ時には、泉質を比較していく事になりますが、これは1kgの量の中において、どれだけの成分が含有しているかを比較することで決められます。どこの温泉でも含有している成分を計測する基準値が統一されているため比較がしやすくなります。

その効能は大きく二つに分けられます。アルカリ性か酸性化という二つですが、どちらの源泉もそれなりの効果があるのです。アルカリ性は、肌に優しいため、乾燥肌など敏感な人でも利用できる温泉となります。

そして、酸性の温泉になると体への刺激が強くなるため、殺菌効果がかなり高くなってきます。つまり、薬効成分をより強く得るためには酸性の温泉を利用することが効果的となります。

余りに強い刺激のある温泉が問題だと感じる時には、単純温泉と言われる様々な含有成分が基準値まで到達していない温泉が有効です。薬効成分は弱いのですが、その分だけ家族全員で楽しめる温泉としては十分に楽しめるはずです。